たかとり保育園の考え方

子どもの成長のためには環境づくりが大切。

社会福祉法人朱鳥(あけみどり)会が運営するたかとり保育園では、保育の基本方針として「愛情」「信頼」「礼節」「仲間」の4つを定めています。

中でもたかとり保育園では、「愛情」「仲間」において、日々の保育の中で特色ある取り組みを進めています。

「三歳児神話」という言葉を耳にされたことのあるお母様は、多いことと思います。子どもが3歳になるまでの乳幼児期は「母親の手元で育てるべき」という考え方として知られていました。
ところが近年、日本赤ちゃん学会などに於いて乳幼児期にしっかりと愛情を与えてあげることや、その環境作りこそが重要であることが提唱されるようになってきました。

子どもの持つ無限の可能性を信じ、これを愛して、次の世代を抱える子を育てる。

たかとり保育園は、本来のお子様の成長を促す育児方法や環境を整えていくことが、私達大人の役割ではないかと考えます。

 そのために0~5歳までの一貫性をもった育児方針を土台に集団生活を通じて社会性を育てる初段階となるような保育計画を立てております。

大切なお子様の乳幼児期に、本園で「愛情」と「仲間」を共に育んでいただけますよう、お願い致します。